うつ病 接し方|うつ病の接し方を紹介します

お知らせ

うつ病の接し方

十分に休息できる環境をととのえるのが一番自然です。
うつ病ということで妙に気を使われるのは本人としてもストレスになります。
本人の負担になっては本末転倒です。

 

うつ病の難しいところはここにあると思います。
外見から明らかな怪我や病気であれば、まわりの人もそれぞれの役割が
想定できるのですが、うつ病は外見上は問題がない、心の病にて
まわりがどうこうできるものではありません。
ただ、穏やかにすごせる環境をつくってあげることが大切かと思います。

 

具体的にはこれまでとかわらない自然な状況でいることです。
今までどうりのかわらない生活をし、本人がやりたいことがあるなら自由にやらせることです。

 

まわりが気を使って、息をひそめるように過ごすようになると
ピリピリした関係にもないがちです。

 

人によりますが、病人扱いされるのがいやという人もいれば
病人なんだから優しくしてよという人もいます。

 

接し方としてはうつ病の原因となったことにはふれず
ただ話を聞いてあげたり、泣きたいならなかせたり
本人の気持ちを受け止めてあげるってことが接し方では大切かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


うつ病の接し方・気分転換に連れ出すのはどうか

気分転換に良かれと思ってハイキング、ショッピングに連れ出すなどはよくありません。
うつ病のひとと、健康体の人が気晴らしにすることは同じ事とは限りません。

 

せっかく、家族や友人が自分のために誘ってくれているのに断るのは申し訳ないと
本人が無理する可能性もあります。

 

繰り返しますが、うつ病になる人は行動エネルギーが低下しているだけで
頭では理解しています。だから相手の気持ちも十分理解します。
またうつ病になるひとは真面目な人が多い。

 

ではどうすればいいか。
なにかしたいことや、いきたいところがあれば言ってくれと
本人に伝えておけばいいんです。

 

本人がどこかに行きたいと言い出したらその時こそ手伝ってあげましょう。
もちろん、まわりの人は特別な配慮などせず
本人が行きたいところについていくくらいで。
折角だからと連れまわすのはNGです。

うつ病とは

ストレス社会を生きた行く中で無理をしていませんか?さまざまなプレッシャーがあります。
人間関係、家事・仕事の量・期限、病気、経済的な問題などさまざまですよね。

 

気持ちが落ち込んだり、元気がでなかったり、疲れがとれない、食欲がない、眠れない・・・
これまで普通にできていたことができなくなるようなことがあったらうつ病かもしれません、早めに相談しましょう。
うつ病は自覚しにくく、まわりで見ていてもわかりにくい病気です。

 

ですが治療すればよくなる病気です。早期治療ほど早く回復します。
重度になってしまうと治療に時間がかかる場合もあります。

 

いきなり「精神科」などというとなかなか電話できませんよね。
お住まいちかくで相談で無料・匿名で相談を受けているところを紹介します。

 

自分だけで悩んでいるのはなかなか解決できないとおもったら
相談してみましょう。きっと話をきいてくれますよ。
最初は電話をかけてみましょう、感じがよければ会ったみましょうか。
まずはやっぱり相談してみましょう。

 

うつ病は心の病気です。
10人に1人が経験するといわれ、だれでもなりうる病気です。
また年齢を問わず子供から大人までうつ病になります。
自分だけではありません。
きっと相談になってくれる人と出会えます。

 

うつ病とは強いストレスが引き金になっておこる心の病気です。
仕事や受験での失敗、死別、離別ばかりではなく、本来よろこばしいはずの昇進、結婚も
きっかけになることがあります。
また性格や資質などからうつ病になりやすい方もいます。

 

日常生活での気分の抑揚であれば、時間がたってもとに戻りますが
うつ病の場合は時間がたっても憂うつな気分が続きます。

 

典型的な状況としては自責の念や憂うつな気分が続き、寝れなかったり、体の不調をきたすなど。

うつ病 接し方|うつ病の接し方を紹介します記事一覧

うつ病 接し方 禁句 | うつ病の禁句とはなにか

家でゴロゴロしているようにみえても、それはうつ病の本人が決して怠けているわけではありません。動きたい気持ちはあっても動けないのがうつ病なんです。無気力状態になってしまう、頭でわかっていても、行動に移せないところが自己嫌悪につながります。ですから、「怠けている」「精神的に弱いからだ」というのはまったく...

≫続きを読む

 

うつ病 接し方 恋人 | うつ病の恋人にできること

恋人にとって十分に休息できる環境をととのえるのが一番いい接し方です。うつ病ということで妙に気を使われるのは本人としてもストレスになります。恋人の負担になっては本末転倒です。うつ病の難しいところはここにあると思います。外見から明らかな怪我や病気であれば、まわりの人もそれぞれの役割が想定できるのですが、...

≫続きを読む

 

うつ病 接し方 職場 | うつ病の職場対応について

接し方としては自然にふるまうのがいいかと思います。かつ、どちらかというより受け入れる、聞き手にまわる接し方が大切です。うつ病の場合、自己否定しがちです。ささいなことに思われることも、自分がだめなんだと思う傾向があります。そんなときに‘がんばれ’などというのは禁句です。本人はめいいっぱいがんばっていて...

≫続きを読む

 

うつ病 接し方 彼女 | 彼女がうつ病になったら

恋人にとって十分に休息できる環境をととのえるのが一番いい接し方です。うつ病ということで妙に気を使われるのは本人としてもストレスになります。恋人の負担になっては本末転倒です。うつ病の難しいところはここにあると思います。外見から明らかな怪我や病気であれば、まわりの人もそれぞれの役割が想定できるのですが、...

≫続きを読む

 

うつ病 接し方 彼氏 | 彼氏がうつ病になったら

彼氏にとって十分に休息できる環境をととのえるのが一番いい接し方です。うつ病ということで妙に気を使われるのは彼氏としてもストレスになります。恋人の負担になっては本末転倒です。うつ病の難しいところはここにあると思います。外見から明らかな怪我や病気であれば、まわりの人もそれぞれの役割が想定できるのですが、...

≫続きを読む

 

うつ病 接し方 妻 | 妻がうつ病になったら

妻にとって十分に休息できる環境をととのえるのが一番いい接し方です。うつ病ということで妙に気を使われるのは妻としてもストレスになります。妻の負担になっては本末転倒です。うつ病の難しいところはここにあると思います。外見から明らかな怪我や病気であれば、まわりの人もそれぞれの役割が想定できるのですが、うつ病...

≫続きを読む

 

うつ病 接し方 友人 | 友人がうつ病になったら

友人にとって十分に休息できる環境をととのえるのが一番いい接し方です。うつ病ということで妙に気を使われるのは妻としてもストレスになります。友人妻の負担になっては本末転倒です。うつ病の難しいところはここにあると思います。外見から明らかな怪我や病気であれば、まわりの人もそれぞれの役割が想定できるのですが、...

≫続きを読む

 

うつ病 接し方 部下|部下との接し方

部下との接し方としては自然にふるまうのがいいかと思います。かつ、どちらかというより受け入れる、聞き手にまわる接し方が大切です。うつ病の場合、自己否定しがちです。ささいなことに思われることも、自分がだめなんだと思う傾向があります。そんなときに‘がんばれ’などというのは禁句です。本人はめいいっぱいがんば...

≫続きを読む

 

躁うつ病 接し方|躁うつ病になったら

★躁うつ病の接し方★躁うつ病の場合はハイとローの差があまりにおおきいので、まずは医師に相談し薬での治療をすることです。ハイとローの幅をおさえます。自然にふるまうのはいいと思います。ローの時は本人からなにかあれば手伝う。本人は気持ちは正常ですが、行動エネルギーにつながりません。これが本人のつらいところ...

≫続きを読む

 

そううつ病 接し方 | そううつ病になったら

★の接し方★そううつ病の場合はハイとローの差があまりにおおきいので、まずは医師に相談し薬での治療をすることです。ハイとローの幅をおさえます。自然にふるまうのはいいと思います。ローの時は本人からなにかあれば手伝う。本人は気持ちは正常ですが、行動エネルギーにつながりません。これが本人のつらいところです。...

≫続きを読む

 

非定型うつ病 接し方

★非定型うつ病の接し方★非定型うつ病の人は他人の目に敏感です。他人からどう見えているのか、おもわず顔色をみてします。どうやら小さい時に親に評価をよくされていた経験がそのような見方につながっているようです。非定型うつ病は、すこし励ましても大丈夫です。「この服装へんじゃないかな〜」「洋服の色の組み合わせ...

≫続きを読む