うつ病の治療を漢方薬で

お知らせ

抗うつ薬より向く人も うつ病は漢方薬で治すという選択肢

漢方薬を現代医学の補完する位置づけで使用することで
うつ病の治療に役立つというニュースがありましたので紹介します。

 

そもそも漢方薬とは?
漢方薬は中国のイメージが強いのですが、実は日本で発達した治療方法です。
植物、動物、鉱物の中で薬効を持つ「生薬」と呼ばれるものを
組み合わせて処方調合したものが漢方薬です。

 

からだは「気、血、水」という3つの要素からなていると考えます。
これらのバランスが重要となります。

 

この3つの要素のバランスが崩れると、からだの不調となって現れます。
したがってこれを正常なバランスに整えていく作用をするのが漢方薬です。

 

漢方薬もいろいろな生薬があり、いくつかの組みあわせで調合し
処方することになります。

 

気、血、水とは?
血は血液、水とはリンパ液など、気は熱、エネルギーです。
人間の体は熱が大切ですよね、体温が1℃下がることで
免疫力が30%下がるといわれていますね。
気を血、水が体中に運んでくれます。

 

さて、いよいよ本題ですが、漢方薬をどううつ病治療につかうのか。
うつ病は体をめぐるエネルギー不足が考えられます。
エネルギーが不足すると、元気がない、やる気がおきない、気が沈むなどの症状となります。
エネルギーが体をうまく循環していないんですね。

 

よって気を充足されればうつ病の治療となるというわけです。
さて処方・調合する漢方薬は?

 

報道されている記事によると
人参(にんじん)、黄耆(おうぎ)、甘草(かんぞう)、大棗(たいそう)がよく配合されています。
枳実(きじつ)、木香(もっこう)、半夏(はんげ)、厚朴(こうぼく)などのようです。

 

漢方薬はインタネットでもツムラ製薬などが比較的安価ですが
漢方薬専門店で処方を受けたほうがいいのではないでしょうか。

 

身体の力を元から改善する東洋医学・漢方を使って
うつ病を治療しましょう。

 

抗うつ薬より向く人も うつ病は漢方薬で治療

 

抗うつ薬より向く人も うつ病は漢方薬で治療関連ページ

うつ病 治療法
なかなかうつ病から抜け出せないあなたへ、気軽にできるうつ病の相談窓口を紹介します。無料でお金がかからず、匿名でもかまいません。ご自宅近くで相談できるところを調べられるようにしました。まずは電話をしてください。
冬季 うつ病 治療
なかなかうつ病から抜け出せないあなたへ、気軽にできるうつ病の相談窓口を紹介します。無料でお金がかからず、匿名でもかまいません。ご自宅近くで相談できるところを調べられるようにしました。まずは電話をしてください。
うつ病 治療 家族
なかなかうつ病から抜け出せないあなたへ、気軽にできるうつ病の相談窓口を紹介します。無料でお金がかからず、匿名でもかまいません。ご自宅近くで相談できるところを調べられるようにしました。まずは電話をしてください。
最新 うつ病 治療
なかなかうつ病から抜け出せないあなたへ、気軽にできるうつ病の相談窓口を紹介します。無料でお金がかからず、匿名でもかまいません。ご自宅近くで相談できるところを調べられるようにしました。まずは電話をしてください。
うつ病 治療 最前線
なかなかうつ病から抜け出せないあなたへ、気軽にできるうつ病の相談窓口を紹介します。無料でお金がかからず、匿名でもかまいません。ご自宅近くで相談できるところを調べられるようにしました。まずは電話をしてください。
うつ病 治療 磁気治療
なかなかうつ病から抜け出せないあなたへ、気軽にできるうつ病の相談窓口を紹介します。無料でお金がかからず、匿名でもかまいません。ご自宅近くで相談できるところを調べられるようにしました。まずは電話をしてください。
うつ病 治療 名医
なかなかうつ病から抜け出せないあなたへ、気軽にできるうつ病の相談窓口を紹介します。無料でお金がかからず、匿名でもかまいません。ご自宅近くで相談できるところを調べられるようにしました。まずは電話をしてください。
うつ病の改善策@ 過去のことで自分をせめるのはやめる 
うつ病の改善策として、自分を責めない。責任感のある人ほど自分を責める、自責の念にかられ、うつ病が改善できないということもあります。責めるのをやめろといっても難しいですよね。そんなことはわかっている。でも・・・。
うつ病の改善策A 仮説の話はしない、気になるならノートに書いて頭から出す
うつ病の改善策として、仮説の話はしない。こうなったらどうしようなどと起きてもないうちから考えても、起きなかったら考え損です。そんなことで心労はうつ病の改善ができません。
うつ病の改善策B 失敗しても、俺は神様じゃないくらいで自分を許す
うつ病の改善策として、自分の失敗を許す。もしくは70%くらいに成功と考える。失敗など誰だってするもの。自分のふがいなさを責めるのはほどほどにしませんか?